フォトダイアリー


平成29年6月6日 開成高校修学旅行
  
新たな誘客として全国の教育旅行の誘致を進めていますが、私の母校である開成高校が修学旅行先に鳥取県を選んでくれました。
各クラスで選任された旅行委員が修学旅行先の企画・プレゼンテーションを行い、生徒の投票で選定されたそうです。私の頃はバンカラな学校でしたが、今では有名校に数えられるようになったからか、行儀の生徒になったようです。
私から鳥取県中部地震からの復興状況などを説明した後に、被災地に心を向けて学ぶ旅になったようです。

平成29年5月30日 「星取県」首都圏メディア発表会
  
県内全ての市町村から天の川が見え、流れ星も見やすい本県には、環境省の調査でこれまで何度も日本一に輝いた星空があります。メディアを通じて本県の美しい星空や「星取県」の認知度向上を図り、観光誘客をPRしていくため、東京・新橋のアンテナショップ「ももてなし館」で「星取県」首都圏メディア発表会を行いました。宙(そら)ガールの篠原ともえさんやスペースシャトル・ディスカバリーに乗られた宇宙飛行士の山崎直子さんらも駆けつけてくださり、“スター”である篠原ともえさんを「星取県スター大使」に任命しました。星取県は皆様のお越しを星(欲し)とります。

平成29年3月20日 篠原ともえさんをとっとりふるさと大使に任命
  
 天体を愛する宙(そら)ガールで知られるタレントの篠原ともえさんが、大山の星空の魅力を発信しようとトークショーにお見えになりました。本県では新年度から「星取県」として、県内では美しい夜空が楽しめることをPRしていきます。
 美しい星空を眺めることができる場所が多数あることは県の財産であり、多くの方に見ていただきたいと思います。篠原さんに「星取県スター大使」への就任をお願いしましたところ、ポーズまで決めて快諾いただきました。
鳥取でCATCH the STAR!

平成29年1月27日 珍客来訪
珍客来訪    
日が落ちる頃に帰宅すると、玄関先でうずくまる何物かが・・・
こんなところにまたタヌキかと思いながら恐る恐る近づいてみると、なんとも大きな鳥。夜鳴いているフクロウだろうか。人が寄っても逃げる気配がなく、体調が悪いのかも・・・
丁度問題となっている鳥インフルエンザのおそれもあると考え、手を触れずに担当部局へ通報しました。
直ちに東部生活環境局が収容して、動物病院へ入院(?)。その結果、鳥インフルエンザではなく、ハヤブサの仲間の雛ではないかとのこと。加療の上放鳥することとなりました。
鳥取県は実に野鳥の宝庫だと改めて認識しました。知事公舎の玄関にハヤブサがいるのは鳥取県くらいでしょう。
元気になって天高く舞うことを祈っています。

平成29年1月9日 東郷湖の鳥たち
   
家族で東郷湖に行ったとき、鳥たちが出迎えてくれました。
ホシハジロにキンクロハジロ。温室の上にはカモメ・・・
今年は酉年。とっとり年です。
鳥取県が平穏で復興が進む年となりますように。
鳥たちも、そう祈りながら羽を休めているようでした。