新春に寄せて 鳥取県知事 平井 伸治

鳥取県知事 平井 伸治

 県民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 あの鳥取県中部地震から1年余り。県民の皆様のお力添えと内外からの温かい支援により、着実に復興へ歩みを進めることができましたことを、心より感謝申し上げます。今後も被災された一人一人に寄り添い、きめ細かい支援を続けていくとともに、新たな年は、「復興」から幸福を興す「福興」へと、全力を挙げて参りますことをお誓い申し上げます。

 本年は、日本最古の神山である「大山」が開山千三百年を迎えます。その記念行事に加え、「山の日」記念全国大会など、魅力溢れる大山を国内外へ強力にアピールしていきます。秋には、卓球の世界的登龍門「ワールドカデットチャレンジ大会」や、東京オリンピックへの予選の幕を開ける「クライミングアジア選手権」が本県で開催されます。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、キャンプ誘致、選手強化に一層力を入れるとともに、布勢のパラ拠点化など障がい者スポーツを推進します。

 昨年末には米子ソウル便週5便化が実現し、山陰の扉が世界に大きく開かれました。今年は鳥取砂丘コナン空港「空の駅」化や鳥取港との海・空ツインポート化、鳥取西道路延伸など、大交流時代にふさわしいインフラ環境が整います。新たに運行される若桜鉄道「昭和」や山陰初の観光列車「天地(あめつち)」などを利用した鉄道の旅、かけがえのない美しい星空や山陰海岸ユネスコ世界ジオパークなど鳥取の魅力を、全国規模の誘客キャンペーンともタイアップしながら、国内外に広く発信し、さらなる観光誘客を進めます。

これまでの思い切った産業・雇用振興策等で有効求人倍率が全国平均を上回り、正規雇用を中心に雇用の受け皿づくりが進んでまいりましたが、まだ安心して働ける活力ある地域づくりへの挑戦が必要です。中小企業の経営基盤強化や事業承継、先端技術による産業活性化など、県経済の成長を加速化させていきます。併せて、人材不足に対応するため、「県立ハローワーク」を全国に先駆けて全県展開するほか、企業の働き方改革をワンストップで支援する「働き方改革支援センター」を設置します。

 TPP11、日EU・EPAなどを乗り越えていくため農業の経営安定、競争力強化に取り組むとともに、低コスト林業の推進、県産材の活用促進、養殖漁業の拡大を進めるほか、肉質日本一に輝いた「鳥取和牛」をはじめ、五輝星、新甘泉、輝太郎など高品質な農林水産物のブランド化や販路拡大、高校・大学・農業大学校が連携した後継者育成など、農林水産業の活力を高めてまいります。

 いよいよ本年3月には県内初のドクターヘリが運航を開始し、年末には県立中央病院の建替が完了するなど、がん診療の高度化対策を含め、県内の救急・高度医療体制充実を目指します。健康マイレージの全県展開や介護予防を推し進め、安心して子育てができる環境づくりを積極的に進めるほか、障がい者の雇用支援を充実させるなど、誰もがいきいきと暮らせるふるさとを創っていきます。

 鳥取の元気を創り未来を切り拓いていくのは「人」の力です。英語教育の充実など大学入試改革を見据えた学力向上対策、子ども食堂における学習支援を展開するほか、長期有償型インターンシップの実施など、県外の若者を県内定着へ導く対策を強化していきます。

 今年も県民の皆様と一緒になって、輝く未来に向けて積極果敢にチャレンジし、新しい時代を切り拓いて参る決意でありますので、御指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 結びに、県民の皆様の限りないご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

インフォメーション
平井伸治の歩み
鳥取県よこそ知事室へ

鳥取県