平井通信

平成29年3月30日
鳥取市のスイーツショップ「チャオ!ジェラート」、
岩美町のあじろカフェ「なだばた」がオープン
チャオ!ジェラート・なだばたチャオ!ジェラート・なだばた

鳥取県と日本財団が共同で取り組んでいるプロジェクトの中で「働く障がい者の活躍」と「中山間地域の生活支援」の2つのプロジェクトで、オープンが相次ぎました。 鳥取市のスイーツショップ「チャオ!ジェラート」では、工賃向上を目指す福祉事業所が既存のフルーツショップに併設する形で、新鮮なフルーツを使用したジェラートを製造・販売するお店を開始しました。また、岩美町では、独居の高齢者へ配色サービスを行うカフェ自体が地域住民の交流場となる漁村のカフェ「なだばた」がオープンしました。
この前日には、智頭町内で、地元商店と障がい者就労支援事業所が連携し障がい者が中山間地で移動販売を行う鳥取モデルとなる事業や、米子市内で焼きたてパンを売りにしたカフェ&ベーカリーAPLICOがオープンするなど、県内のあちらこちらで幸せの花が開花しています。


平成29年3月11日 因幡千本桜「桜の園」記念植樹
因幡千本桜「桜の園」記念植樹因幡千本桜「桜の園」記念植樹

鳥取商工会議所青年部の皆さんが30年ほど前に植栽し、千本の桜が咲き誇る県内有数の桜の名所の一つである「因幡千本桜」において記念植樹が行われました。これは、千本桜が木の寿命で年々数を減らしていく中、現在のメンバーが立ち上がり、今年から5年の計画で100本を植樹していきます。桜の名所の復活が鳥取を元気にしてくれました。


平成29年3月9日 ボクシング日本ライト級新チャンピオンが誕生
ボクシング日本ライト級新チャンピオンが誕生<ボクシング日本ライト級新チャンピオンが誕生<

今月4日のタイトル戦で勝利し、ボクシングのライト級日本チャンピオンになった倉吉市出身の西谷和宏さんが、県庁を表敬訪問しました。西谷選手の御実家も昨年の鳥取県中部地震で被災されており、「震災は信じられない光景だったが、鳥取の活性化のためにこれからも良いニュースを運びたい。また、次の目標に向かって頑張りたい。」とおっしゃっていました。西谷選手のチャンピオンベルトが、ふるさとのそして復興の力になると思います。


    
平成29年3月4日 境港市場主要施設建設安全祈願祭
境港市場主要施設建設安全祈願祭境港市場主要施設建設安全祈願祭

本県水産業の振興を期して、平成26年度から境港の高度衛生管理型市場の整備を進めていますが、主要施設となる第1号、2号、陸送上屋の工事にいよいよ着工することになり、工事の安全祈願祭・起工式を行いました。陸揚げする魚種ごとにエリアを設定し、搬入・搬出エリアを明確に区分するとともに、入場管理や異物混入防止を強化し、漁獲物の衛生管理の向上を図ります。
東京の豊洲市場について移転直前になって様々な障害が発生していますが、境港では、関係者の皆さんと意思の疎通をしっかりと行い、都の30分の1の工費で実効性のある市場整備へ、地域一丸となって動き始めました。


平成29年2月4日 ふるさとづくり大賞受賞
ふるさとづくり大賞受賞ふるさとづくり大賞受賞

総務省が行っているふるさとづくり大賞の自治体表彰に、鳥取県の「まんが王国とっとり」の活動が選ばれ、都内で行われた表彰式典で、冨樫博之総務大臣政務官から総務大臣賞を受け取りました。今回の大臣賞の受賞はまさしくクールジャパンの象徴となる「まんが王国とっとり」での地域おこしに向けて活躍された県民の皆様の応援のおかげであり、水木しげる先生、青山剛昌先生、谷口ジロー先生らをはじめ御尽力いただいた全ての関係者にお礼を申し上げます。一週間後の2月11日に谷口ジロー先生の突然の訃報に接しました。衷心より御冥福をお祈り申し上げます。


平成29年1月23日〜26日・2月9日〜16日 平成29年豪雪
全平成29年豪雪平成29年豪雪

1月23日からの豪雪は智頭町で111cm、2月9日からの豪雪は鳥取市で33年ぶりの90cm超となるなど、記録的な豪雪となりました。県内には深刻な交通障害がもたらされ、除雪作業員の方がお亡くなりになるという痛ましい事故も発生しました。
平成23年豪雪での教訓を踏まえ、除雪体制や農林水産被害対策を進めてきましたが、今回の豪雪での教訓を活かして国・市町村等と連携して、更なる対策強化を断行してまいります。県内各地で沿道の集落の皆様が渋滞車輌の救援に貢献したことは、鳥取の心の温かさとして報道されましたが、こういう「支え愛災害活動」が円滑に実施できる新たな環境づくりを条例改正で盛り込むことにしました。