平井通信

平成24年10月26日 第10回全国和牛能力共進会に出席
5年に1度の和牛のオリンピック「第10回全国和牛能力共進会」の最終比較審査が長崎県佐世保市で開催されました。私も出席して、鳥取県の出品者を激励するとともに、審査を見守りました。県代表牛は全9区のうち6つの区で優等賞を獲得し、総合7位という成績でした。また、和牛審査競技会高校生部門で県立日野高校の西村えりさんが2位獲得という快挙を成し遂げられました。今後も和牛の改良に力を入れて、より上位を目指していきたいと思います。

平成24年10月15日 全国エコツーリズム大会inてしかが開会式に出席
地域の自然や文化を生かした観光振興を目指す「全国エコツーリズム大会inてしかが」が北海道弟子屈町で開催され、全国各地の観光事業者やツアーガイドが出席し、エコツアーの可能性を話し合いました。私は次期開催県代表として出席し、2013年にエコツーリズム国際大会が行われる大山の魅力をPRしてきました。

平成24年10月6日
山陰デスティネーションキャンペーンオープニングセレモニーに出席
JRグループ6社と山陰両県の観光事業者、行政が一体となって観光資源の開発や全国的な宣伝を行う広域的な観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン」を10月1日にスタートしたことを記念して、JR鳥取駅でオープニングセレモニーを開催しました。セレモニー終了後、約9時間半かけて山陰両県にちなんだクイズを楽しむ「山陰縦断クイズ列車」が益田駅に向けて出発しました。両県の文化に触れる魅力ある山陰の旅を堪能してほしいと思います。


平成24年9月23日 
第10回全国和牛能力共進会プレイベント「オレイン和牛の饗宴」に出席
オレイン酸含有量率による和牛肉のブランド化を全国に先駆けて実施している鳥取県、長野県、大分県の3県が、全国和牛能力共進会本番1か月を前に、各県オレイン和牛のPRのためのイベントを東京都内で開催しました。全国和牛能力共進会の評価基準に新たにオレイン酸に関する項目が加わったことから3国同盟を組み、和牛の新しい流れを作りたいと始めたもので、全国和牛能力共進会でお互いの健闘を誓うとともに、今後も「オレイン和牛」のブランド化において連携していくことを確認しました。

平成24年9月22日 にっぽん「語り部」サミットin遠野に出席
妖怪文化の普及に貢献した地域として、世界妖怪協会から怪遺産に認定されている岩手県、鳥取県、徳島県の3県によるフォーラム「ふるさとの伝承が教えてくれること」を岩手県遠野市で開催しました。3県知事で各地の伝承文化を活かした地域振興についてディスカッションを行い、私は、約800mの歩道に139体の妖怪の銅像が立ち並ぶ水木しげるさんのふるさと「水木しげるロード」を紹介しました。

平成24年9月7日
2012ロンドン五輪アーチェリー女子団体銅メダル川中香q里さんへ県民栄誉賞を授与
ロンドン五輪アーチェリー女子団体で見事銅メダルを獲得された川中香q里選手に県民栄誉賞を贈りました。県民栄誉賞は1992年バルセロナ五輪男子マラソン銀メダリストの森下広一さんについで鳥取県で2人目の受賞となります。アーチェリー競技でのメダル獲得は日本女子初、団体初の快挙です。「メダルを持って帰ります」との言葉どおり獲得され、震えるような喜びを感じました。

平成24年9月2日 すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会に出席
北朝鮮が日本人拉致を認めた日朝首脳会談から、9月27日で10年になるのを前に、拉致被害者の早期救出を訴える国民大集会が日比谷公会堂で開催されました。集会には野田首相も出席し「北朝鮮から具体的な対応を引き出せるよう政府一丸となってあらゆる方策を検討していく」とあいさつされました。私も出席し、松本京子さんの救出を訴え、一緒に戦っていく意気込みを伝えました。

平成24年8月29日
米子市崎津地区での大規模太陽光発電所の設置及び運営に関する協定書調印式に出席
米子市の崎津工業団地に計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設についての調印式をソフトバンク子会社のSBエナジーの孫正義社長にも出席いただき、東京都内で開催しました。孫社長からは、「米子は再生可能エネルギーの先進地になる。」と心強い言葉いただきました。全国に先駆け、孫社長に崎津地区の存在を直談判するなどの努力が実ったことをうれしく思います。

平成24年8月9日
鳥取県地域活性化総合特区推進協議会を開催、総合特区指定書授与式に出席
鳥取県の総合特区「鳥取発次世代社会モデル創造特区」が7月25日に指定されたことを受け、市町村や企業とで作る「地域活性化総合特区推進協議会」を開催し、構想の実現に向けた取り組みについて話し合いました。その後上京し、川端総務大臣から指定書を受け取りました。再挑戦して、苦労して勝ち取ったこの総合特区を地域に根差したものにするため、これから具体的な事業の認定に向けて国と精力的に協議していきたいと思います。

平成24年8月4日 国際まんが博オープニングセレモニーに出席
まんが王国とっとり建国を記念する「国際まんが博」が開幕し、鳥取市布勢の「とっとりまんがドリームワールド」鳥取会場でオープニングセレモニーを開催しました。11月25日までの114日間、原画展、体験型イベントなど139事業が繰り広げられます。セレモニーには、はじめてお国(鳥取県)入りしたトットリンドル王女も駆けつけてくれたくさんの人で盛り上がりました。私も、アニメ、漫画の伝道師として、鳥取県の魅力を発信していきたいと思います。

平成24年7月16日 拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子に出席
北朝鮮による拉致被害者の一刻も早い帰国実現を目指して、拉致問題の早期解決を願う国民の集いを米子市で開催しました。集会に出席された松原拉致問題担当大臣に対し、首相の強いリーダーシップで現状を打開するよう求める要望書を手渡しました。その後、松原大臣とともに、政府認定拉致被害者の松本京子さんが連れ去られたとみられる境港市和田町の現場付近を視察しました。拉致被害者の方々が必ず帰ってこられることを信じて、その実現に向け努力し続けたいと思います。